若年層のED治療方法

近年、若年性のEDが目立つようになってきました。若年化するEDの原因と治療方法について当サイトでまとめていきます。若年性のED治療には早期に治療で大幅に症状が軽減されることがあります。勇気を出して治療しましょう。

若者のED治療に対する抵抗感

ED(勃起障害)は50代以降の比較的年齢が上の男性がなるというイメージから、若者はED治療に抵抗感を持つことが多いです。
しかし、最近ではED患者の年齢は低年齢化しつつあります。特に顕著なのが30代で、仕事や人間関係による心因性のEDを患う人が増えています。
年齢が高い人が罹るというのは、おそらく動脈硬化が原因の器質性EDのイメージが強いからです。動脈硬化になる確率は年齢とともに高くなります。動脈硬化は、いわゆる血管が弾力性を失って血液が流れにくくなってしまう血行障害です。
局部の血管は体の中でも細いため、詰まりやすいです。動脈硬化が原因の器質性EDは、勃起に必要な血液が局部に十分に供給されなくなることで起こります。
ただし、最近では高血圧や高脂血症、糖尿病のよるEDも増えているので、体の症状が原因で起こる器質性EDも低年齢化の傾向があります。
若くても、血液や神経に障害があればEDにかかりやすくなりますし、過度なストレスがあれば心因性のEDになる確率は高くなるということです。
EDは男性ならば誰しもリスクのある症状です。決して自分だけが特別不幸だから起こるわけではありません。
医師に相談するのは恥ずかしいかもしれませんが、ED治療を受けた人の大半が「医療機関を受診して良かった」と言っています。
自力で治すにはネットで購入するバイアグラなどのED治療薬もありますが、これはあくまで一時的に血行障害を改善させて勃起をサポートさせる薬で、根本的な解決にはなりません。
一人で悩んでいるよりも、医療機関に相談したほうが確実です。何歳であろうが患う可能性がある症状ですから、恥ずかしがらずに受診してみましょう。